免許を取るため

車の免許はすぐに使わなくても持っていたら便利です。 一般的に通学タイプの自動車学校ですと、季節によっては実技の予約がとりにくいので、卒業までに1-2か月はかかります。 まして、仕事をしながら通学するなら、時間的な制約は厳しく、時間がかかります。そのため、仕事に就く前に免許を取ることが理想です。 今の40-50代くらいは、子ども世代にアルバイトをしてでも、自由に時間が使える若い間にとるよう勧めますが、一方で車に興味を持たない若者もいるようです。実際、免許を取る費用も安くはないので、学生の間にとれるかどうかは生活費の予算にもよりますが、運動神経も発達している時の方が、中年になってから通うより覚えも早いです。

平均的な自動車学校では9か月が教習期間といわれています。このような制約がない所もありますが、期間が長いと車に乗らない日が増え上達も遅くなります。 仕事をのっていて、土日しか通学できない人は忙しいです。 というのも、通学の場合1日車に乗れる実技は2時間までと自動車学校に制約があるからです。 また仮免許から6か月以内に卒業検定に合格しなければならないという制約もあります。教習期間がオーバーすると学科の受講をし直す必要も出てきて効率が悪いです。自動車学校の卒業証明をもらってから1年以内に、本免許の試験を免許センターで受けて合格すると、晴れて免許証が発行されます。 合宿免許はスケジュールがはじめから決められていますが、自動車学校の通学は学科受講も実技予約の日程も自分で決めるので、スケジューリングが重要です。